ピコのこだわり

できるだけ近くに
~as close as possible~

目の前に注がれたカップ一杯のおいしいコーヒーを、生産者の想いと笑顔を、たくさんの方に伝えていきたい。
そのために、できるだけお客様の近くに、できるだけ生産者のそばに寄り添っていたい。
その思いを胸に、ピコは日々コーヒーの美味しさを探求し続けています。

 

カフェデザールピコの創業

2002年、カフェデザールピコは東京の下町、深川・門前仲町で代表取締役の田那辺聡が、高品質珈琲に特化した自家焙煎珈琲専門店として創業いたしました。現在は、調布国領に2号店があります。

田那辺は、まだ幼い小学生の頃から自家焙煎の珈琲専門店へコーヒー豆を買いに行き、自宅ではサイフォンで珈琲を楽しむというほどのコーヒー好きでした。

大学時代はダイビングインストラクターの資格を取得し、講習業を行う一方、大手コーヒーショップでもアルバイトを。
社員数が少ない店舗だったため、店長代行のような形で店舗運営業務も行っていました。

大学卒業後は、大手百貨店、大手人材ビジネスの会社で働きつつも、美味しいコーヒーを求め、様々なコーヒー店に通いつづけます。

しかし、自分自身が美味しいと思える珈琲に、なかなか出会うことができず、
「こうなったら自分で美味しいコーヒーをつくるしかない!」 と、コーヒー専門店を創業することを決意します。

良質な生豆・素材を求めて

美味しいコーヒーをつくりあげるためには、まずは素材から!と思った田那辺は、様々なコーヒー生豆のサンプルを、日本だけでなく海外からも取り寄せました。
そんななか、ひときわ綺麗なグリーンの色をした生豆に出会います。

ハワイ島にあるマツモトコーヒーファームさんのコーヒーです。

そのきれいな生豆を見て、いてもたってもいられなくなった田那辺は、すぐに松本さんに電話で連絡をとり、ハワイ島へ。

そこで、松本さんのつくるハワイコナ、在来種ティピカのコーヒーの収穫、精製、乾燥を実際に体験し、ハワイ滞在の間中ずっと、松本さんからコーヒー生産への熱い想いを聞くことで、自分はこれから先、たくさんの人に美味しいコーヒーをお届けするとともに、美味しいコーヒーづくりに情熱をかけている生産者の想いも、たくさんの人に伝えていこう、と新たに決意をしました。

ピコではできる限り、生産国、農園を訪問し、生産者とのつながりを深め、生豆を調達していきたいと考えています。

焙煎という技術

美味しいコーヒーをつくるには、素材(コーヒー生豆)だけ良いものを使っても限界があります。

コーヒーの場合、良い素材、生豆の良さを最大限にひきだすためには、そのための焙煎技術が必要になります。

しかしながら、そのころの日本では、焙煎技術者が具体的な焙煎技術を勉強する機会は、なかなか無い状況でした。

そのような中で田那辺は、少しでも焙煎技術を向上させていきたいとの思いから、焙煎に関しての情報交換の場をつくりたいと、同じような思いを持つ同業者の方向けに、ホームページで掲示板を立ち上げます。
そうして、この掲示板から、焙煎というものにとことん拘った方々との出会いがあり、より焙煎というものへの考えや技術を深めていきました。

その後、日本スペシャルティコーヒー協会での仕事に携わる中、焙煎技術者の技術や知識を向上させるための活動を行っていくことになります。

そのころアメリカではすでに、焙煎に携わる人々の技術向上のための組織である Roasters Guild(ロースターズギルド) が存在していました。

そこで日本でも、アメリカにあるような焙煎技術者の技術向上のための組織を立ち上げるため、田那辺は日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)からの要請を受け、2007年8月アメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)の関連団体であるRoasters Guild主催の、ミネソタ・シュガーレイクで行われたRetreatに、参加することになります。

そして現地アメリカで、プロバット・デードリッヒなど様々な焙煎機を駆使してコーヒーを焙煎し、焙煎技術を向上させるための取り組みを学んできました。

帰国後、田那辺は日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)のローストマスターズ委員会の初代副委員長として、ローストマスターズ委員会および、ローストマスターズチャンピオンシップの立ち上げの中心メンバーとして活動することになります。

ピコでは、田那辺のそういった様々な焙煎機、様々な焙煎技術を見聞きし、多くの研究をしてきた経験を生かした上で、今日も日々美味しいと思えるコーヒーをつくるために、焙煎というものに、まっすぐに真剣に取り組んでいます。

高品質コーヒーを伝えるために

「美味しいコーヒーができるには理由がある。」

そのことを伝えるために、田那辺は創業当初から、毎月コーヒー教室を開催し、皆様に少しずつコーヒーの魅力をお伝えしています。当初は店舗のみで行っていたコーヒーセミナーですが、全国からコーヒーセミナーのご依頼もあり、カルチャースクールから大学での講座まで、現在では幅広く各地でセミナーを行っています。

また各種専門学校でのコーヒー講師として教鞭をとるだけでなく、雑誌での執筆や通信教育のコーヒーテキストの執筆も手掛けています。

コーヒーについて、できるだけたくさんのことを皆さまにお伝えしていくこと

それも、ピコの大変重要な使命だと思っています。

ページトップへ