エチオピアのコーヒー豆のこと つづき

みなさん、こんにちは!マネージャーです。

 

今日は以前にお話しをさせて頂きましたエチオピアのコーヒーについての続きのお話をさせて頂きたいと思います。

 

以前は自由に取引をすることができたエチオピアのコーヒーが、エチオピア政府の管理のもとに売買が行われるようになったのが、2008年からのことです。

 

エチオピア政府がこのECXという組織を設立したのにはさまざまな理由があるようなのですが、その理由の1つとしてあげられるのが、

 

『エチオピアのコーヒー全体の価格を上げる』

 

ためらしいです。

 

コーヒー全体の価格を押し上げる、とはどういうことかといいますと、スペシャルティコーヒーの市場に関しては見捨てられてしまう・・・ということになります。

 

え!? どういうこと!?

 

と思いますよね?

これにはまず、スペシャルティコーヒーの市場に関してご説明させて頂かなければなりません。

 

最近では以前に比べ、『スペシャルティコーヒー』という言葉を耳にすることも多くなったので、

 

『スペシャルティコーヒーって流行ってるんだな~』

『きっと、スペシャルティコーヒーってすごい売上が伸びてるんだろうな~』

 

と思われる方も多いかと思いますが、実は世界のコーヒーの全体量からすると、スペシャルティコーヒーのシェアはまだまだ市場としては本当に小さなものなのです。

 

 

皆さんは、スペシャルティコーヒーって、世界のコーヒー全体のどのくらいのシェアを占めると思いますか?

 

実は、

 

約5%くらい

 

と言われています。

 

スペシャルティコーヒーは、世界のコーヒー市場の約5%程度のものなんです。

 

えー!?その程度なの~!?

 

という感じですよね。

でもこれが事実なんです。

 

 

なのでエチオピアの政府の方々も、コーヒー全体の価格を押し上げる為には、

コーヒー全体の取引において約5%ほどしかないスペシャルティコーヒーについて考えるのではなく、

その他の95%を占めるコーヒーに関しての価格を押し上げることを最優先に考えられたのだと思います。

 

で、エチオピアのコーヒー市場全体の価格を上げるためにECXが現在行っている方法がまず、

 

コーヒーを生産地ごとにわけて管理をする、ということです。

 

・イルガチェフェ(Yirgachefe)

・シダモ(Sidama)

・リム(Limmu)

・カファ(Kaffa)

・ジマ(Jimma)

・レケンプティ(Lekempti)

・ハラー(Harar)

 

などなど。

 

そして、その生産地ごとにグレード(Grade)を、1~9まで&それ以下というように分けて管理をしています。

(グレード1が一番品質が良いということになります。)

 

イルガチェフェ グレード1(G1) とか、シダモ グレード4(G4) とか、そんな感じですね。

 

こうしたECXの取り組みにより、エチオピアのコーヒー全体の品質は向上しているようです。

 

が、スペシャルティコーヒーにとっては、2008年以前のようにはいかない現状がまだまだ続いています。

 

 


コーヒー豆の焙煎度合について

みなさん、こんにちは!マネージャーです。

 

さて、最近よく豆の焙煎度合についてご質問を頂きます。

ですので本日は、コーヒー豆の焙煎度合い、ローストの度合に関して簡単にご説明させて頂きたいと思います♪

 

まず、コーヒーの焙煎についてですが、みなさん、コーヒー豆は、焙煎(ロースト)しないと飲めないということはご存知だと思います。

 

が最近は、

 

スーパーなどで売っているすでに粉の状態で売っているコーヒーや、

お湯を注いだらすぐ飲めるインスタントコーヒーしか知らな~い。

 

という方もいらっしゃることも確かですので、以下念のためお話をさせていただきます。

 

皆様がよく目にするスーパーなどで売っている粉のコーヒーは、焙煎後のコーヒー豆を機械でひいたものです。

 

コーヒーの粉の写真

 

機械で挽く前の焙煎後のコーヒー豆がこれです。

 

 

ちなみにコーヒー豆を粉にする機械のことを、コーヒーミルといいますが、手でガリガリとひく手動のものもあれば、電気ですぐにひける電動のミルもあります。

 

そしてこのコーヒー豆ですが、コーヒーの生豆を加熱することによってできます。

コーヒー豆は熱を通すと茶色になりますが、熱を通す前は緑っぽい色です。

(ちなみにニュークロップの生豆は緑がかった色をしていますが、水分がぬけた生豆は黄色っぽくなってます。)

 

コーヒー生豆の写真

 

 

で、このコーヒー生豆を加熱して焙じることを、コーヒーの焙煎(ロースト)といいます。

 

コーヒーは、生豆を焙煎することによって、やっと飲める状態になるわけですね。

 

そしてこのコーヒーの焙煎には度合というのがございます。

 

日本では8段階にわけて説明されることが多いです。

 

ライトロースト

シナモンロースト

ミディアムロースト

ハイロースト

シティロースト

フルシティロースト

フレンチロースト

イタリアンロースト

 

ライトローストが一番浅煎りで、イタリアンローストが一番深煎りです。

 

焙煎度合が浅いほど酸味が目立ちます。

逆に焙煎度合が深いほど、苦味が目立ちます。

 

しかしこの名称、具体的に定義が決まっているわけではないので、コーヒー屋さんによって違いがでます。

 

例えば、A店でシティローストといっている焙煎度合が、B店ではフレンチローストだったりすることも!?

 

ということは、どういうことが起こるかといいますと、

 

いつも行くA店というコーヒー屋さんではなく、B店というお店に行ったとします。

 

そこで、いつものA店でシティローストの豆を買ってるから、B店でもシティローストの豆を買おう!と思って、

 

『 シティローストの豆でおすすめのをくださ~い。』

 

なんて言ってみたりするとします。

で、実際にB店でシティーローストの豆を買って家に帰って飲んでみると、

 

『ん!?いつもより苦みが強い気が・・・。これって本当にシティロースト?豆の色もいつも買ってるコーヒー豆より黒っぽいし、本当はフレンチローストじゃないの~?』

 

なんてことになったりします。

 

でもこれって仕方ないんです。

焙煎度合の定義は決まってはいないので、各お店によって差がでてしまうんです。

A店もB店も、間違いではないのです。

 

なので、同じ名称の焙煎度合いでも、お店によって差が出ますので、コーヒーをご購入の際にはぜひお気を付け下さい♪

 

 


コーヒー豆の焙煎で思ったこと

みなさん、こんにちは!マネージャーです。

今日はとても良いお天気の東京です。

 

『東陽町から歩いてきちゃったわ~』 というお客様や

『月島から歩いてきちゃったわ~』 というお客様。

 

今日はきっとお散歩日和なのですね。

 

 

そんな本日ですが、焙煎中にあらためて思いました。

 

 

焙煎の1度の違いって本当に大きいな~

 

 

と。

 

 

たった1度ですが、

 

 

されど1度!

 

 

なのです。

 

 

たった1度 焙煎度合が違うだけで、

できあがったコーヒー豆の印象が本当に違うんです!!

 

 

いまさらなのですが、つくづく感じたのです。

 

 

なので、

 

 

やはり焙煎は真剣勝負です。

 

 

 

 

ここ!!

 

ここが美味しいポイントなんだよー!!

 

 

というポイントをはずさないよう、

 

日々焙煎機とにらめっこです。

 

 

 

 


朝からサンプルロースト

みなさん、こんにちは!マネージャーです。

 

今日は朝からサンプルローストです。

 

様々な国の様々なサンプルの生豆が送られてくるのですが、

最近あまりの忙しさでそのままにしておりまして・・・・・。

 

そうしたら、あっという間にすごい数のサンプルがたまってしまいました。

 

あ~ 、どこかでサンプルローストしないと~!

 

と思ってはいたのですが、なかなか進まず・・・・。

 

でも!

 

やっと本日頑張りました!

 

なぜなら、先日ピコにも訪問してくださった

 

ブラジル カルモ農園のプレシップメントサンプル(船積前のサンプル)が届いたんです!

 

あ~、早くカッピングしたい!!

 

で、どうせなら一気にカッピングするしかない!

 

と思い、本日朝7時からたくさんのコーヒー豆をサンプルロースト致しました!

(でもまだまだ残ってますが~・・・)

 

カッピングが今からとっても楽しみで~す♪

 

 

 

 

 

 


真夏の焙煎

みなさん、こんにちは!マネージャーです。

毎日暑いですね。

 

世の中 夏休みモードに突入している感じですね。

人通りもいつもより少ない気がいたします。

 

ピコも16日から夏休みを頂戴する予定でおります。

そのため、卸先のお客様からのお休み前の大量のご注文と、

個人のお客様のお休み前のご注文とが重なり、

ここ数日、午前も午後もひたすら豆の焙煎をいたしております。

 

焙煎室のクーラーを最強にはするのですが、

やはり アツイです。

 

本当にアツイです。

 

でも、できるだけ焙煎したてのコーヒー豆をお届けできますよう、

熱中症にならないよう水分補給しながらコツコツと頑張ります♪

 

皆様もどうぞこまめに水分補給してくださいね♪

 


焙煎室が暑くなってきました

みなさん、こんにちは!マネージャーです。

東京は昨日、一昨日と雨で、若干涼しかったですね。

 

しかし

 

焙煎室は、だんだんと暑くなってきております。

すでに今年に入り、焙煎室にいながらにして熱中症になりそうになり、

4回ほど焙煎室のクーラーをいれてしまいました。

 

節電しているはずなのに電気代は上がり、

クーラーを我慢したい気持ちもありますが、

 

生豆と、自分のからだのことも考えると、

もうしばらくしたらクーラーをガンガンいれないと・・・。

 

皆様も、熱中症にはお気をつけください♪

 


1 / 11