コーヒーの品種のこと 5 ~アラビカ種 ~

みなさん、こんにちは!マネージャーです。

 

今日も つれづれなるままに

コーヒーの品種 アラビカ種 についてのお話です。

 

 

エチオピアの地から イエメン →  セイロン(スリランカ) → インド → ジャワ島(インドネシア)

 

と、アジアまで広がって行ったコーヒー。

 

その他の地域には、いったいどのように伝わっていったのでしょうか?

 

 

1706年に、インドネシアのジャワ島 から オランダのアムステルダム植物園に苗木が送られました。

(そのころの日本は、生類憐みの令 で有名な 徳川綱吉 の時代です。)

 

ちなみに、オランダのアムステルダム、ここです。

 



大きな地図で見る


そして 1714年に、フランスのルイ14世 (ベルバラのルイ16世の2世代前ですね。)に

オランダからコーヒーの木が献上されます。

 

その献上されたコーヒーの木は、フランスのパリ植物園で育てられました。

 

パリ植物園、ここです。



大きな地図で見る

 

そして、9年後の

 

1723年。

(暴れん坊将軍で有名な 徳川吉宗 の時代です。)

 

この、フランスのパリ植物園から、

コーヒーの苗木が、またもや 旅にでることになるのです!!

 

 

続きはまた今度♪

 

 


コーヒーの品種のこと 4 ~アラビカ種~

みなさん、こんにちは!マネージャーです。

 

今日も つれづれなるままに

 

コーヒーの品種 アラビカ種 についてのお話です。

 

エチオピアからイエメンに渡り、商業的に栽培されるようになったアラビカ種のコーヒー。

 

そのころイエメンを支配していた トルコ は、コーヒーの苗木の持ち出しを禁止し、

コーヒー栽培を独占していたそうです。

 

ところが、そのトルコから、コーヒーの苗木を持ち出した人々が・・・。

 

それは、

 

オランダ東インド会社

 

でした。

 

1658年のことです。

日本では 江戸時代の徳川家光のあと 4代将軍家綱 のころです。

 

コーヒーの苗木を持ち出した オランダ東インド会社。

 

植民地としていた セイロン島(いまのスリランカ) に持っていき、

コーヒーの栽培に成功します。

 

セイロン島、ここです。

 

 

インドの下ですね。

 

セイロン といえば セイロンティー

紅茶で有名な場所ですが、

実はもともとは コーヒーの栽培 が中心でした。

 

信じられないですが、本当のお話です。

 

コーヒー生産国だったセイロン島ですが、

さび病 という コーヒーの病気が蔓延し、島のコーヒーが全滅。

その代替品として、紅茶がつくられるようになり、今にいたっています。

 

 

で、そのセイロン島  から  インドへ。

 

そこから、インドネシアのジャワ島 に持ち込まれ、栽培に成功したのでした。

 

ジャワ島 、ここです。

 

 


大きな地図で見る

 

オランダ東インド会社は、

植民地としていたインドネシアで栽培したコーヒーを、

自国であるオランダのアムステルダムに持っていきました。

 

 

こうして、エチオピアの地から アジアまで広がって行ったコーヒー。

 

世界の他の地域には、どのように伝わっていったのでしょうか?

 

続きはまたの機会に♪

 


コーヒーの品種のこと 3 ~アラビカ種~

みなさん、こんにちは!マネージャーです。

 

今日も つれづれなるままに

 

コーヒーの品種 アラビカ種 についてのお話です。

 

みなさんがよく耳にされる

『モカ』や『ブルマン』や『ハワイコナ』

など、世界の約70%の生産量を誇る アラビカ種。

 

もともとは アフリカのエチオピア で自生していました。

 

それが、イエメン に伝わります。

 

 

エチオピアとイエメン

地図で見ると、結構近いですよね。

 

イエメンでは、15世紀の半ばに

モカ   の東の山岳地帯でコーヒーの栽培が始まったと言われています。

 

余談ですが、

ここでいう モカ とは

イエメン共和国の港町のことです。

 

昔 このモカの港から、イエメン産と、対岸のエチオピア産のコーヒー豆が輸出されていたため、

イエメン産とエチオピア産の両方のコーヒー豆のことを、

いわゆる

 

『モカ』

 

と呼ぶようになりました。

 

なので、

『モカ が好きなの~』

というと、

 

エチオピア の豆なのか、もしくは、

イエメン の豆なのか、

 

 

いずれか が好きということになります。

 

『モカブレンド』 とうと、

 

モカ が入っている ブレンド。

エチオピア もしくは イエメン の豆が入っているブレンド

ということになります。

 

 

余談はこのくらいにいたしまして・・・

 

で、この時点ではイエメンが世界のコーヒーの栽培を独占しています。

 

がその後 イエメンは トルコ に支配されます。

 

イエメンを支配した トルコ。

 

コーヒーの栽培を自分たちで独占するために、

苗木の持ち出しを禁止したと言われています。

 

しかし!

 

そんななか、コーヒーの苗木が国外に !!

 

 

続きはまたの機会に♪

 


コーヒーの品種のこと 2  ~アラビカ種~

みなさん、こんにちは!マネージャーです。

 

つれづれなるままに、

 

今日は  コーヒーの品種について、の続きを ちょっぴりとお話させて頂きたいと思います♪

 

コーヒーの品種、

大きく分けると 2つ です。

 

アラビカ種  と  ロブスタ種

 

皆さんが コーヒー としてよく耳にする、

「モカ」 とか 「ブルマン」

など、じつは ほとんど

 

アラビカ種 

 

になります。

世界全体の生産量として見てみると、

 

アラビカ種  は  世界の約70%

ロブスタ種  は  世界の約30%

 

の生産量です。

 

ですので、まずは 皆さんがよく耳にされる

モカ や ブルマン など、

世界のコーヒー生産の7割にもなる  

 

 

アラビカ種 

 

から ご説明させて頂きたいと思います!

 

 

アラビカ種のコーヒー

 

今では世界中で栽培されていますが、

 

もともとは、どこにあったものなの?

 

ということなのですが、

 

実は、

 

アフリカの エチオピア が 原産地 と言われています。

 

エチオピア

 

ここです。

 

 

 

エチオピア のコーヒー、美味しいですよね!

 

ピコでも、

エチオピア イルガチェフェ は香りもとっても華やかで、人気のある定番のコーヒーです♪

この、もともとはアフリカのエチオピアに自生していたとされる アラビカ種 のコーヒー。

 

エチオピアの地から 世界中へと広がっていくことになります。

 

では、どのようにして、世界中に広がっていったのか!?

 

続きはまたの機会に♪

 


本日もコーヒー教室でした^^

本日はいつもより専門的なお教室

『スペシャルティコーヒー入門』でした

コスタリカのコマーシャルクラスのコーヒーと

スペシャルティコーヒーの2農園を同時にカッピングをしつつ

とても高いコーヒーであるBMと、とても安い豆であるロブも

一緒にカッピングして頂きました。

 

みなさん『あーじゃない』『こーじゃない』と楽しそうに意見交換をされていました。

今回の教室では実際にスコアシートをつけて頂き、その結果を発表して頂きますが

いやいや、なかなか良いスコアを出し頂きました。

で、BMは。。。ロブに次ぐ低い点数でした。。。

 

まだ年内に1~2回開催できると思いますので、ご興味のございます方は

是非お申込み下さい^^


コーヒーの品種のこと 1

みなさん、こんにちは!マネージャーです。

 

つれづれなるままに、

 

今日はコーヒーの品種のことを少しばかりお話させて頂きたいと思います♪

 

品種というと ちょっと難しそうな感じもいたしますが、

お米に例えるとわかりやすいです。

 

お米にも、私達が普段口にしている ジャポニカ種  というお米と、

平成5年の冷夏でタイなどから緊急輸入されたことでも知られる インディカ種  があるように、

コーヒーにも品種があります。

 

(って、平成5年って、もう20年も昔だったんですね。日曜日に一緒にお仕事してくれてる りさちゃんに、

『タイ米、緊急輸入したよね~ 』と言ったら、

『私まだ、2歳くらいなので覚えてませ~ん。』と普通に言われてしまいました・・・。ぐすん・・・。)

 

それはいいとして、

 

 

植物学的にいうと、コーヒーノキ属に属する品種には約80種類くらいのものがあるらしいのですが、

通常、私たちの飲用品として流通しているものは、以下の2種類です。

 

アラビカ種   と   カネフォラ種 。

 

カネフォラ種とは、いわゆる ロブスタ種 のことです。

植物学的にいうと、ロブスタ種はカネフォラ種の一種にすぎないのですが、

ロブスタ種 としての知名度の方が高いので、ここではカネフォラ種のことを ロブスタ種と

よぶことにしたいと思います。

 

そして、この

アラビカ種 と ロブスタ種

 

お米の ジャポニカ米 と インディカ米 に違いがあるように、

色々な面で、違いがあります。

 

続きはまた今度に!

 


anan にちょっとだけですが、掲載されてます

みなさん、こんにちは、マネージャーです。

 

今発売中の anan   (10月9日発売)  に、

ちょっとだけピコのことがのってます。

座談会のような感じで、数種類のコーヒーを飲んだ方々の感想が掲載されています。

 

ピコからは

 

グァテマラ ハウハ

 

を送らせて頂いたのですが、

 

『美味しい!』

 

と、言って頂けた雑誌の感想を見て、とっても嬉しくなりました。

 

ハウハ農園のリカルドさんが丹精込めて作ってくださったコーヒー。

 

 

カップがとてもきれいで、さわやかな酸味の中にちょっとした甘みも感じられます。

焙煎度合いも、そんなに深くなく、飲みやすいコーヒー。

 

ぜひ、たくさんの方に楽しんで頂きたいです!

 


門前仲町店のスタッフ募集してます!

土曜日・祝日の

12時~18時まで

一緒にお仕事して頂ける方を探しています。

 

若くて元気で明るい、接客が大好き!

という方、ぜひご応募おまちしております。

高校生もOKです。

 

まずはお電話ください!

03-3641-0303

 


コーヒーの起源 ~コーヒー伝説 2~

みなさん、こんにちは!マネージャーです。

 

今日は、コーヒーの起源 コーヒー伝説その2 です。

 

伝説ですので、本当かはわかりません!(笑)

 

② やぎ飼いの カルディ 伝説

 

場所は アフリカのエチオピア。

 

そのエチオピアの草原に カルディ という名の山羊飼いがいました。

 

ある日、その放し飼いにしているヤギが、

赤い実を食べると、とっても元気になることに気が付きます。

 

 

カルディはドキドキしながらも、その実を食べてみることにしました。

 

すると、どうでしょう!

 

とても元気になり、気分もスッキリ!

 

カルディは、そのことをイスラムの修道僧に話しました。

 

それを聞いたイスラムの修道僧、

 

『これは、夜の修行に役に立つはずだ!』

 

ということで、それからイスラムの修道僧の間で、その赤い実が飲まれるようになっていきました。

この赤い実こそ、コーヒーのことだったのです。

 

 

 

という伝説です。

 

その他にも伝説はありますが、

どちらにしても、コーヒーはイスラム世界から広がっていった ということですね♪

 

 

 

写真は ミンギョン作 ねこちゃん?トラさん?

 


おかげさまで11周年を迎えられました。

本日2013年10月10日、PICOは11周年を迎えました。

11周年を迎えることができましたのも

お客様の皆様に支えて頂いているからであります。

これからも皆様のご期待を裏切らないように

一生懸命努力をしてまいります。

 

10周年の先年度は新たな一歩としてコーヒーの仕入れの方法を変え

グアテマラやコスタリカへ行き、直接買い付けを行い

日本で初めての農園をご紹介させていただきました。

 

本年度は今回お付き合い頂いた農園の方々ともっと親密になれるよう

目指すための渡航をし、現地の皆様とより近づけるようにして

その結果、更に素晴らしいコーヒーを皆様にご提供できるように

頑張って参りたいと思います。

 

まだまだ目指す事への途中ですが、今目の前の努力をし

これからの先の目標へ近づけるよう頑張って参ります。

 

これからもスタッフ一同今まで以上に頑張って参りますので

今まで同様に応援下さいますよう宜しくお願い致します。

 

 

 


1 / 212