夏限定ドリンクメニュー!エスプレッソフレッド

みなさん、こんにちは!マネージャーです。

今日は店舗での夏限定メニュー!のご案内です♪

 

『ピコのエスプレッソフレッド』

 

 

スペシャルティコーヒーのみを使用したピコオリジナルエスプレッソを、これでもか!というほどふんだんに使った夏限定のフローズンドリンクです。

冷え冷えに凍らせたエスプレッソに、ミルクとシロップを加え、上には生クリームをトッピング♪

仕上げにココアパウダーをふってできあがり!

 

苦みと甘みのバランスがなんともいえない逸品です。

 

ピコOPEN当初からあったメニューですが、最近になってこのフローズンドリンクに気づかれたお客様も多く、人気急上昇中♪

 

1度飲んだらやみつきになることまちがいなし!

 

ぜひこの夏お試しくださ~い♪

 

 


2016年8月の美味しいコーヒーの淹れ方&選び方講座の日程のご案内です

みなさん、こんにちは!マネージャーです。

8月のコーヒー講座の日程が決まりましたので、ご案内いたします。

 

■おいしいコーヒーのいれかた & おいしいコーヒーの選び方教室

 

・2016年  8月27日(土) 14:00~ 門前仲町店 開催

 

・講習の内容

  • ●コーヒー農園のお仕事についての説明
  • ・コーヒー農園の紹介
  • ・コーヒーの精製
  • ・コーヒーの実、パーチメント、生豆の紹介
  • ●コーヒーの抽出
  • ・コーノ式ドリッパーを使用した美味しいコーヒーの抽出方法の練習
  • ・味の違いを理解しやすい3種類のコーヒーを使用した味のチェック
  • ・一般に売られている豆との味の違いのチェック
などなどです。

詳しくはこちらを!

ピコのコーヒー教室

 

ご興味のございますお客様は、お電話もしくはメールにてご連絡お待ちいたしております!

03-3641-0303

 


本日はスペシャルティコーヒー教室開催日でした

皆さん、こんにちは!マネージャーです。

今日も朝から梅雨らしいお天気の江東区門前仲町です。

 

そんな中、本日はスペシャルティコーヒー初級講座の開催日でした。

 

スペシャルティコーヒーとは? という講義から、コーヒーのカッピングの方法のお話し後、実際に数種類のコーヒーをカッピングして頂く講座です。

今回ご参加頂いた方は、日本創芸学院さんのコーヒーコーディネーターの資格をお持ちの方だったのですが、当マスター田那辺がコーヒーコーディネーターの通信教育のテキストの執筆をさせて頂いているご縁で本日の講座にご参加いただきました。

とても楽しそうなお教室でよかったです♪

 

次回のスペシャルティコーヒー初級講座は8月以降を予定いたしております。

日程が決まり次第、ホームページでご連絡いたしますので、ご興味のございますお客様はぜひご参加お待ちいたしております♪

 

 

 

 


7月のおいしいコーヒーの選び方&淹れ方講座は満席となりました

7月9日(土)開催の美味しい珈琲の選び方&入れ方教室は満席となりました。

ただいまキャンセル待ちとなっております。

ありがとうございました。

 

次回は8月の開催は日程が決まり次第ホームページ上でご案内させて頂きます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 


お中元コーヒーギフトご予約承ってます!

 

みなさん、こんにちは!マネージャーです。

今日もシトシト雨の江東区門前仲町です。

 

今日は、お中元!ご予約承り中!ギフトセットのご紹介です。

お中元は7月から、と思っておりましたが、最近は早めにお贈りされる方も多くすでにお中元ギフトセットのご注文&ご発送が始まっております。

 

そして、ピコでもギフトセットご用意致しております!

 

「コーヒー2種類とドリップバック」

 

「コーヒー5種類ギフトセット」

 

「ピコ特製ドリップパックギフトBOX」

 

 

などなど。

 

もちろんすべてスペシャルティクラスのコーヒーのみを贅沢に使用した、極上のコーヒーギフトセットです。

コーヒー好きな方はもちろん、そうでない方にもきっと喜んでいただけること間違いなし!のギフトセットです。

 

今年のお中元は、気持ちと一緒にコーヒーを贈りませんか?

 

心をこめてご発送いたします!

 

皆様からのご注文お待ちいたしております♪

 

ネットショップはこちらからどうぞ♪

ピコのコーヒーギフトセット

 


牡丹町に芸能人の方が~!

皆さん、こんにちは!マネージャーです。

今日は朝から曇り、雨が降るかな〜と思っていたらお日様もチラホラ顔をのぞかせていた江東区門前仲町です。

 

そして今日はお店の目の前の通りを、  芸能人の方が、それもイケメンの俳優さんさんが歩いていかれるのを見てしまいましたー!

 

牡丹町会館の上でお仕事をしているT先生がコーヒー豆を買いに来て下さった時に、「ロケバスがきて、会館の1階で何か撮影してますよー。」とおっしゃっていたので、「イケメンの方だったら、どなたが来てるのか教えてください!」とお話ししていたのが夕方5時くらい。

 

ピコ周辺では結構いろいろな撮影が行われていたりするので、また何か撮影してるんだろうなー、くらいに思っていました。

 

そして、約2時間後の閉店時間。

 

表に出した看板をかたしていたら、お隣のwatariさんが、「向こうから歩いて来ますよ〜!玉木宏さん!」と。

 

見ると、本当に 玉木宏さんが歩いてくるではないですか!!

 

しかし、恥ずかしがり屋の私は、店内からレジの締め作業をしつつ、じっと道路を見つめることに。

 

一方スタッフみんちゃんは、外で資源ごみを片付けていました。

できるだけそばで見たいと思ったのでしょう。

 

 

そして!

ピコの目の前を颯爽と歩いて行った  玉木宏さん。

 

やはりカッコよかったです。

 

玉木さんが通りすぎた後、やや興奮気味のみんちゃん。

 

「マネージャー、見ましたか?!オーラがちがいます!やっぱり、イケメンでした!!!」と。

 

みんちゃんがあまりにテンションがあがっているように見受けられたので聞いてみると、いとこが玉木宏さんの大ファンとのこと。

 

普段あまり芸能人の方に興味がある方ではない私ですが、こうなったらみんちゃんのいとこのために写真を撮ってもらおう!と決心し、(決して自分のためではございません)

 

「みんちゃん、携帯で写真撮ってあげるよ!」と、恥ずかしがるミンちゃんの携帯をみてみると、なんと電源がきれているではないですか!!!

 

こんな時に頼りになるマスターは、朝からCOEのカッピングやら何やらで外出中。

あ~、マスターのスマホがあれば・・・。

というより、自分の携帯をつねに持ち歩いていれば・・・・。と、心から思った次第でありました・・・・。

 

 

 


コロンビアのコーヒーのこと つづき

みなさん、こんにちは!マネージャーです。

今日は先日のコロンビアのコーヒーのお話の続きをさせて頂きたいと思います。

 

まず先日のブログでコロンビアのコーヒーで今現在一番多く栽培されている品種が『カスティージョ』だとお話致しましたが、今日はそのカスティージョについてのお話です。

 

コーヒーの品種はいくつもありますが、私たちが口にするコーヒーの品種としては大きく分けて2つ、アラビカ種とロブスタ種があります。そしてその2つにはそれぞれ特徴があります。

 

アラビカ種・・・コーヒーの風味は良いが、病気に弱い。

ロブスタ種・・・苦みが強くアラビカ種より風味が劣るが、病気に強く収穫しやすい。

 

コーヒーの栽培の歴史は、コーヒーの病気との闘いの歴史でもあります。

特にコーヒーにとっては最大の敵ともいえる、『さび病』。

コーヒーの栽培が開始されたころから現在にいたるまでずっと生産者はこのさび病と戦っています。

 

そこで人々は、

 

『アラビカ種のように風味が良いコーヒーで、なおかつロブスタ種のようにさび病にも強くて収穫もたくさんできる品種はないだろうか?』

 

と考えるわけです。アラビカ種とロブスタ種の両方の良いとこどりをした品種ですね。

 

 

そうして昔から様々な国々で、新たな品種の探索や新たな品種の改良の研究が行われるようになりました。

 

『じゃあ、アラビカ種とロブスタ種をかけあわせたら、両方の良いところを持った新しい品種ができるんじゃない!?』

 

と思うのですが、実はそう簡単にはいかず・・・。

なぜなら、アラビカ種とロブスタ種は自然交配ができないらしいのです・・・。

自然交配ができないということは、アラビカの花粉がロブスタの花についても実がなることがないということらしいんです・・・。

 

え~っ!?なんで!?

 

と思いますよね。

 

どうやらアラビカ種とロブスタ種は、染色体の数が違うらしく、

アラビカ種は44本、ロブスタ種は22本。

なので残念ながら、アラビカとロブスタのかけあわせは無理・・・・ということになります。

(なんで染色体の数が違うとだめなのか、などなど、もっと理科の勉強をしておけばよかったと今になってつくづく思います・・・。)

 

が、しかし!!

 

アラビカ種とロブスタ種の交雑種が、なんと、東ティモールで見つかったのです!

 

え!?染色体の数が違うから交配しないんじゃないの!?

 

と思いますよね?

 

どうやらこの交雑種は、『たまたま染色体が44本になったロブスタ種』と『アラビカ種』があわさることでできあがったらしいのです。

奇跡の出会いですよね。

そして、その交雑種(ハイブリッド)は、『ハイブリッドティモール』と呼ばれるようになります。

ハイブリッドチモールはさび病に強くてアラビカ種と交配できる!という品種ではあるものの、風味はアラビカのようではなかったらしく・・・。

 

こうしてさび病に耐性を持つハイブリッドチモールをもとに、品種改良が盛んになっていきます。

 

『ハイブリッドチモール』と『カツーラ』(ブルボンの突然変異)の交配によって『カチモール』という品種ができ、そのカチモールとカトゥーラの交配で、『バリエダコロンビア(コロンビア)』ができました。

 

コロンビアではもともと、ティピカやブルボン、カツーラ等のコーヒー栽培が盛んであったのが、ひと昔前に今までのコーヒーの樹からヴァリエダコロンビアへの植え替えがかなり進みました。

しなしながらバリエダコロンビアはさび病には強いもののカップクオリティが低く、残念ながら評価にあたいするものではありませんでした。

 

そこで、バリエダコロンビアにかわるより風味の良い品種改良品として出てきたのが、「カスティージョ」です。

 

カスティージョは、コロンビアコーヒー生産者連合会によると、カトゥーラとハイブリッドティモールの5世代に及ぶ品種改良の結果、2005年にCenicafe(FNCコーヒー研究所)によって開発された品種で、収穫量も多くさび病に強いのが特徴。風味も少しづつよくなっているようで、COE(カップオブエクセレンス)などの品評会で入賞するものも出てきてはいます。

 

コロンビアでもブラジルや他の国々と同じくコーヒー生産者の農業離れに大きな問題があるようで、さび病にも強く収穫が安定するカスティージョは農家さんの収入という意味ではとても重要です。

一方で、まだまだカスティージョは風味の上で劣る部分がまだまだあると言う意見も多々あり、今後はどうなっていくのでしょうか。目が離せませんね。

 

 


コーヒーで巡る世界の旅!ドリップバックセット販売開始いたしました!

みなさん、こんにちは!マネージャーです。

昨日はマスターは朝から千葉県市川市に出張コーヒー教室へ。

そんな中、先日すぐに完売してしまいました『深煎り4種のコーヒードリップバックセット』にかわる商品をご提供させて頂くべく、スタッフみんぎょんと私の2人で朝から頑張りました!

その名も、

 

『コーヒーで巡る世界の旅ドリップバックセット!第2弾!』

ということで、8月末までの期間限定ドリップバックコーヒーを販売開始いたしました!
コーヒーで巡る世界の旅!ということで、アフリカ・南米・アジアの6種類の風味のオリジナルドリップバックコーヒーのセットをご用意させて頂きました。
おみやげにもバッチリです!もちろんご自分用としても♪

 

 

【スペシャルティクラスのコーヒーで巡る5カ国の世界の旅セット!について】

世界の旅!シリーズということで、5カ国6種類のシングルオリジンのコーヒーを、お手軽なドリップバックにいたしました。
6種類それぞれ1パックずつ入ったセットとなっております。
ご自宅で、旅先で、とシーンを選ばず活躍してくれるドリップバック。
ちょっとした手土産にも喜ばれています!

【荷姿】6種類の風味のパック各1パック入り

【セット内容】
エチオピア イルガチェフェ ハマ ウォッシュド

エチオピア イルガチェフェ ゲデブ ナチュラル

ブラジル カルモ

コロンビア ウィラ AAA

インドネシア マンデリン リントン

ケニア イエゴ

 

のスペシャルティクラスのコーヒーそれぞれ1パックずつ合計6パック入り

 

期間限定商品です!

ぜひこの機会にお試しください!!

 

 

ネットショップはこちらからどうぞ♪

コーヒーで巡る世界の旅ドリップバックセット!

 


4種類の深煎りドリップパックセットは売り切れとなりました

期間限定販売とさせて頂いておりました、

『4種の深煎りドリップバックコーヒーセット』は、お陰さまで売り切れとなりました。

国領店にはまだいくつか在庫があるようですので、どうしてもほしかった!!というお客様は国領店までお問い合わせください。

 

国領店 042-499-1515

 

次の限定ドリップパックコーヒーを早めにご紹介させて頂くことができますよう準備を致しておりますので、

もうしばらくお時間を頂戴できればと存じます。

どうぞよろしくお願いします!

 

 


コロンビアのコーヒーのこと

みなさん、こんにちは!マネージャーです。

今日は朝から蒸し暑い、江東区門前仲町です。

 

今朝はOPEN前にちょっぴり時間があったので、『コロンビア ウィラ AAA』を淹れて飲んでみたのですが、コロンビアらしからぬ、といっては語弊があるかもしれませんが、コロンビアのコクを残しながらフルーティな風味の漂うコロンビアに少しばかり感動しておりました。

 

当店もオープン以来14年となりますが、開業以来ずっとコロンビアのコーヒーをご提供させて頂いておりました。

が、2000年代後半のさび病の流行、コーヒーの樹の植え替えによる減産等で品質の良いコーヒーに出会えることが少なくなった結果、店頭でも数年前からは通年での販売を行っておりませんでした。

 

が、ここにきてコロンビアのコーヒーの生産量が年々戻ってきているのと、2000年ごろからクオリティ重視のコロンビアの生豆輸出業者が出現してきていたりするおかげで、良いカップのコロンビアに出会えることが多くなってきたように感じます♪

 

田那辺マスターもよく言っているのですが、コロンビアのコーヒー特有のコクは他の国のコーヒー豆にはないコロンビア独特のものだと。

確かに酸味の中にもしっかりとしたボディ感を感じられるのはコロンビアの特徴なのかもしれないな~と思ったりします。

 

コロンビアでは品種の改良も盛んで、FNC(コロンビアコーヒー生産者連合会)によると、現在一番多く生産されている品種はカスティージョらしいです。

 

カスティージョ、と突然言われてもそれ何!?

 

と思う方々が多いかと思われますので、簡単にカスティージョの説明をさせて頂ければと思うのですが、カスティージョのご説明をさせて頂くにはかなり長くなりそうなので続きはまた次回とさせて頂きたいと思いま~す♪

 

とりあえず、コロンビア ウィラ AAA、本当にオススメです!まだお試しいただいていないお客様、ぜひこの機会にお試しください!

今月はシティーとフルシティーの2つの焙煎度合でご提供中です♪

 

 


1 / 212