Coffee Pedia

Coffee Pedia

コーヒーの品種のこと 8 ~アラビカ種 ~


コーヒーの品種

コーヒーの品種 アラビカ種 についてのお話です。

エチオピアの地から イエメン →  セイロン(スリランカ) → インド → ジャワ島(インドネシア)

と、アジアまで広がって行ったコーヒー。

その後、ジャワ島から オランダ →  フランス → カリブ海 マルチニーク島 → 中米

と広がっていきました。

が、他にも、コーヒーが世界に広がっていったルートがありますので、簡単にご説明しますね♪

1715年に、イエメンのモカ から フランス東インド会社が、コーヒーの苗木を持ち出しました。

(日本では、前年の1714年に、大奥を舞台にした あの 江島生島事件 が起きています。)

で、そのコーヒーの苗木を どこに持って行ったのか  というと、

ブルボン島

です!

「 ブルボン島 って、どこ!? 」

と思う方も多いと思いますが、

ここです。



大きな地図で見る

「え~? ここ、どこ~?」

と思いますよね。

ぜひ 大きな地図で見て みてください。

場所的には、 マダガスカル島の東 約800キロほどのインド洋にある島です。

もともとは無人島だったらしいです。

が、1507年に ポルトガル人が最初にこの島を発見して、

その後は、フランス領となって 今に至っています。

なので、フランスから遠い地なのですが、

今でも、ブルボン島 は フランス領 です。

ちなみに、

ブルボン島

という名称は今は使われていません。

ブルボン島  ではなく

レユニオン島

と呼ばれています。

なんで、レユニオン島!?

なのか。

続きはまた今度♪


< >

ABOUT US

banner_s_company

会社概要

banner_s_recruit

求人情報

banner_s_school

コーヒー教室

banner_s_coffeepedia

コーヒー辞典

banner_s_csr

企業の社会的責任

banner_s_shop

店舗情報

ページトップへ