農園紹介

農園紹介

グアテマラ ハウハ農園

グアテマラ ハウハ農園

アンティグアの名門「ゼライヤ家」が管理する、グアテマラでも一二を争う伝統的な農園。今では収穫が難しくなった在来種をメインに栽培しており、日本での取引先企業はPICOのみ、もちろん豆はPICO指定のマイクロロットです。

more »

グアテマラ ラボルサ農園

グアテマラ ラボルサ農園

多くの農園がコンテスト入賞を果たす肥沃な土地「ラ・リべルタットエリア」。そのなかでも上位の入賞経験がある実績バツグンの農園。農園主は農業ディレクターを務めるほど知識は豊富で、「地域のまとめ役」のような存在です。

more »

グアテマラ ラスロサス農園

グアテマラ ラスロサス農園

国際コンストで幾つもの上位入賞を果たす優良農園。近年、世界的なプレミアムコーヒーとして話題を集めた「ゲイシャ種」を6年かけて完成させるなど、研究熱心な農園としても知られています。

more »

グアテマラ エルインヘルト農園

グアテマラ エルインヘルト農園

自分の農園でコンテストを主催し、なおかつ世界中から指名買いが入る「2大農園」のうちの1つ。独特の精製方法からなるクリーンカップは環境にも優しく、グアテマラでもっとも有名かつ革新的な農園です。

more »

グアテマラ サンタクララ農園

グアテマラ サンタクララ農園

国際コンテストでの上位経験もあり、常に安定したコーヒーを作り続けるアンティグア屈指の農園。収穫~精製~パッキングまでの全工程を一括管理できるため、クオリティに関してはピカイチです。

more »

ブラジル カルモ農園

ブラジル カルモ農園

ブラジルスペシャルティコーヒー協会の会長まで登りつめたトゥーリオ氏がオーナーを務める農園。コーヒーのクオリティはもちろん、教育や環境問題などにも造詣が深く、ブラジルのあらゆる農家が憧れるお手本的な存在です。

more »

エチオピア コチャレハマ地区

エチオピア コチャレハマ地区

農園ごとでなく、それぞれの村人が収穫した豆を持ち寄る「地区単位」がエチオピアコーヒーの特徴です。標高1800m~2200mのエリアにある「コチャレハマ地区」はコーヒー栽培に最適というだけでなく、真面目な住民による仕事ぶりにも定評があります。

more »

ニカラグア サンタマウラ農園

ニカラグア サンタマウラ農園

100年以上の歴史を有するニカラグアでも最古の農園。1000ヘクタールのうちコーヒー栽培はわずか420ヘクタール、その他は牧場や果樹に使用するなど自然豊かな点も特徴。ニカラグアに4件しかない「公認の種屋」に指定されており、品質はまさにお墨付きです。

more »

コスタリカ サンルイス農園

コスタリカ サンルイス農園

機械的な方法で一括処理する大きな精製所に対し、ロットごとに精製して風味を細かく仕上げる小さな精製所を「マイクロミル」と呼びます。マイクロミルは次世代のトレンドであり、若きオーナー・アレクサンダー氏がつくる「魔法のような風味」が評判の農園です。

more »

コスタリカ カンデリージャ農園

コスタリカ カンデリージャ農園

「リカルドがマイクロミルをつくった」――。伝説的な人物であるリカルド氏が、伝統を守りながら経営するコスタリカ随一の老舗農園。協会の役員を務めたり、地域農園のコンサルティングを行ったり、「スペシャルティコーヒーの将来」を左右する存在でもあります。

more »

コスタリカ ラ・レナ農園

コスタリカ ラ・レナ農園

マイクロミルの先駆者であり、常に新しい事にチャレンジするセントラルバレーを代表する農園。とりわけオーナーであるラモン氏の「ハニー製法」は世界的に注目度も高く、国際コンテストでは上位入賞の常連となっています。

more »

コロンビア エル・カイロ農園

コロンビア エル・カイロ農園

優れたコーヒー生産地域として知られるナリーニョにおいて、さらに2000mを超える高地栽培に成功した農園。国際コンテストの上位入賞はもちろん、他の農園の技術指導も行うなど、コーヒー大国コロンビアで頭角を現しつつあります。

more »

ABOUT US

banner_s_company

会社概要

banner_s_recruit

求人情報

banner_s_school

コーヒー教室

banner_s_coffeepedia

コーヒー辞典

banner_s_csr

企業の社会的責任

banner_s_shop

店舗情報

ページトップへ